カテゴリー
ラッパー

【ラッパー必見】「タイプビート」の相場比較【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

HIPHOPが国内外問わず流行している現代社会。今からラップを始めたい方も多いと思います。

しかし、彼らの頭を悩ますのはやはり楽曲を配信するのに必要な「費用」の工面でしょう。

特にビートを購入する場面が、作曲をする際に最も重要なお金の使い所と言えると思います。

中には、身内にビートメーカーがいて、その人にお願いをする方も多いと思いますが、そういった環境が整っていない方も多く存在し、大手ビート販売サイトや個人でのやり取りでビートを入手するのが、やはり主流と言えるでしょう。

ビート購入の際に注意が必要な点は以前にこちらでまとめているので、参考にして頂けたら幸いです。

さて今回は、ざっくりとビート購入にあたり、一曲の値段の相場をみなさんに紹介していきたいと思います。

タイプビートの相場比較①

それでは「ビート販売サイト」の一曲当たりの値段から見てみましょう。

BEATSTARSでは、ピンキリでリースなら1000円をきるビートも市場に出回っているそうです。

しかしそういったビートは厳しいライセンス制限があるのであまりお勧めができません。

他のビート販売サイトとも均してみると

MP3のデータで3800円

WAVで6400円

独占で12000円が相場かと個人的に考えます。

タイプビートの相場比較②

それでは個人からビートを購入する際の一曲当たりの相場をご紹介したいと思います。

こちらもピンキリで大体は、権利を独占するのに1万円は越える事がほとんどだと思います。

プロの世界で活躍されている方は、一曲5万円以上することがほとんどなので「プロデューサーは稼げる」という話も迷信では無いのかもしれませんね。

しかし、駆け出しのラッパーにとっては気の遠くなる値段では無いでしょうか。

また、個人間でのビート売買のやり取りには、権利の問題で揉めるリスクも高く、注意が必要です。以前そういったことに関して記事を書いているのでそちらを参考にしてみてください。

タイプビートの相場比較③

最後に一曲当たりの相場をご紹介するのはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

  • 月2000円の「ビギナープラン」で月5曲のリースが可能
  • 月4000円の「セミプロプラン」で月15曲のリースが可能
  • 月6000円の「プロプラン」で月20曲のリースが可能

これ以外にも

  • 3ヶ月継続で独占購入が2曲以上無料で可能セミプロプラン以上の場合)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート
  • ビートメーカーとの円滑なコミュニケーション

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

単なるビート購入だけではなくアーティストのこれからに寄り添えるサービスを提供できるのはTOPLEASEしかありません。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回は「タイプビート」の相場比較を行いました。

1.ビート販売サイト

2.個人でのやり取り

3.TOPLEASE

もちろんそれぞれに良さと懸念点があると思いますが、単純にコストで見るとTOPLEASEを自信をもってお勧めできますし、質も劣っていないのが強みです

有名ビートメーカーのillrainさんのビート。それからHIPHOPのビートメークを、YouTubeを使って日本で最も広めたといっても過言ではないTake It Lowさんのビートまで揃っています。

一度でもいいので是非、ビートを聴きに来てください。

あなたのアーティスト人生の始まりが待っているかもしれません。

カテゴリー
ビート ラッパー

【金欠ラッパー必見】いかにお得にタイプビートを買うか【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

ラッパー/アーティストにおいてビートは欠かせません。

そのため、楽曲制作の際にはビートを購入したりする方が多いのではないでしょうか。

しかしビートはかなり費用がかかるので自分の予算と相談して購入するでしょう。

今回はいかにお得にタイプビートを買うかというテーマを解説していきます。

この記事を読むことで、ラッパー/アーティストは活動における予算を上手に使えるようになるでしょう。

タイプビートに関しての記事はこちらで解説していますので参考にしてみてください。

いかにお得にタイプビートを買うか①

まず最初に紹介する方法は「直接購入する」という事です。

基本的にタイプビートを検索する際にはYouTubeやビート販売サイトを使っているのではないでしょうか。

ビート販売サイトは、基本的に手数料がかかりますのでその分上乗せした価格でビートを販売しているというビートメーカーも多くいます。

そのため、ビート販売サイトを経由しない直接的な購入でお得に購入できるケースがあります。

また、直接コンタクトを取ることでビートメーカーに認知してもらえる可能性もあるという点も踏まえてやはり直接購入するという方法はオススメできます。

いかにお得にタイプビートを買うか②

次に紹介する方法は「クーポンを使う」です。

先ほど述べたように、基本的にビートメーカーはビート販売サイトを利用しています。

そのため、ビート販売サイトで利用できるクーポンを公開する場合があります。

もちろんビート販売サイトを経由しない直接的な購入をオススメしていますが、海外のビートメーカーであったりしてコンタクトが取れない場合、せめてSNSはフォローしてクーポンなどの配布を逃さないようにしましょう。

いかにお得にタイプビートを買うか③

3つ目に挙げられる方法は「知人に作ってもらう」という事です。

もし身近にビートを作れる人がいるのでしたら、その人にお願いをすることもオススメです。

関係性にもよりますが、かなりお得な価格でビートを制作してくれる可能性があります。

注意点として、全く同じようにビートを作ってもらう所謂「打ち直し」ではなく、雰囲気を寄せたビートの制作を依頼することが大切です。

全く同じような打ち直しはビートメーカーへのリスペクトが欠けますし、頼まれたビートメーカーも嬉しい気持ちはしないでしょう。

いかにお得にタイプビートを買うか④

最後に紹介する方法は「TOPLEASEを使う」という選択肢があります。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はいかにお得にタイプビートを買うかというテーマを解説しました。

簡潔にまとめると、

  1. 直接購入する
  2. クーポンを活用する
  3. 知人に作ってもらう
  4. TOPLEASEを使う

以上が挙げられました。

特に、TOPLEASEは一番お得にタイプビートを購入できてしまうサービスなのでオススメしています。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活躍を応援しています。

カテゴリー
ビートメーカー

【ビートメーカー必見!】サンプリングの著作権問題をクリアし、タイプビートを量産する方法【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

HIPHOPの流行に伴いビートメーカーの数も増える中、手軽にサンプリングを行なった楽曲が配信できるようになりました。

そんな中、サンプリングビートを使う上で心配なのが「著作権」の問題だと思います。

万が一著作権に引っ掛かった場合、その曲の収益化が困難になる懸念、それから訴えられるリスクも考えられます。

かといってサンプリング許諾には時間や手間もかかるし・・・

しかし、今のメインストリームを引っ張るMetro Boominのようなサウンドの再現に憧れる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はサンプリングの許諾を個人で簡単に取れるサービスをご紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで、サンプリングを気兼ね無く取り入れることが可能となり、さらなる制作スピードの向上、そしてタイプビート販売による効率的な収益化が見込めるようになるでしょう。

そもそもタイプビートとは一体何なのかということはこちらの記事で解説していきますので参考にしてみてください。

サンプリングの著作権問題をクリアし、タイプビートを量産する方法①

ビートメーカーの頭を悩ませる、サンプリングの際の著作権問題を解決するのが「Tracklib」というサービスです。

ロック、ブルース、ジャズ、ヒップホップ、エレクトロニックなど様々なジャンルのサンプリングネタとなる実際の曲からサンプリングしたい楽曲を選び、その曲からどれくらいの尺をサンプリングするかを申請、その長さに応じた料金を支払うことでサンプリング許諾を得ることができます。

ご自身の作りたいビートに用いるサンプルのジャンル、楽曲の地域、KEYやBPMも絞って検索することができるので、単純にサンプル探しの幅が広がるのが特長です。

更には「ベースだけ」や「ドラムだけ」といったデータごとでもサンプルをダウンロードできるサンプルがあるので、使い勝手が非常に良いです。

サンプリングの著作権問題をクリアし、タイプビートを量産する方法②

サンプルを聞いた時、どのようにサンプリングを行うか具体的にその場でイメージできた方がいいですよね。

そこで便利なのが特定のサンプルの部分をループできる「ループ機能」とそのループに様々なジャンルのドラムズサンプルが被せて流せる機能があります。

さらにテンポも変えられ、それに応じてサンプルのキーも上下します

サンプリングの理想型を想像しやすくし、楽曲制作スピードを上げることが可能となるでしょう。

サンプリングの著作権問題をクリアし、タイプビートを量産する方法

サンプルを使ってビートメークが終わったら、許諾のために申請を行います。

Tracklibでは3種類のライセンス販売を用意しています。カテゴリーA、B、Cの3種類があって、元ネタ曲ごとにカテゴライズされて、例えばカテゴリーCなら1ライセンスごとに50ドル、Bなら500ドルと、自分が購入した曲に応じた権利許諾料を支払う必要があります。

またその際に元ネタ曲のどの部分からどの部分をサンプリングしたかを申請。そして、サンプリング秒数に応じて、ライセンス料を自分がサンプリングしたオリジナル曲の収益から分配するための登録を行う必要があります。

審査が完了して許可がおりるとサンプリングの権利を個人で許諾を取ることができます。日本だとCPRAのような著作権管理団体にサンプリングした曲とそれを使用した自作曲の登録する必要がありますが、許諾の際行うトラックリブのガイドラインに沿って行うことが出来ます。

これらの手続きさえ済んでしまえば、この先、著作権の問題で煩わしいことが起きずに自らの楽曲を安心してリリースすることが可能となります

ご自身が作った自慢のサンプリングビートをより多くのアーティストに使ってもらう方法

ここまで、著作権問題を解決しやすくする「Tracklib」というサービスをご紹介させて頂きました。

ただ、せっかく作ったビートがどのように売ったらいいかわからず、いつまでも自分のパソコンのファイルに眠っているという事はありませんか。

実際は評価を受けるはずのビートが発信方法を間違えると、「見つからない」という結果に陥る可能性があります。

国内唯一のビート販売サブスクリプションサービスで、今も加入者を増やし続けているプラットホームにご自身の自慢のビートを花開かせたいとお思いではないでしょうか。

そのサービスこそがTOPLEASEなんです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ販売できていますか?

自分の販売したいビートを好きなだけアップロードして、毎月安定した収入を手にしビートメーカーとしてさらなる成功を収めたくはないでしょうか。

TOPLEASEでは初心者からプロ問わずビートを大量に販売できます。

また、利用されれば利用さえるだけ、歩合で報酬が毎月還元されます。

つまり、あなたの継続的な活動と安定した報酬獲得が結びついているビートメーカーとしての理想のようなプラットフォームとなっているのです。

今の世の中、ビートメーカーは飽和しており、従来のようなYouTubeやビート販売サイトを頼った販売方法では限界があります。

何より、あなたが他のビートメーカー達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを世に届け、活動できる環境をTOPLEASEと共に作っていきませんか。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はサンプリングで著作権問題を解決しやすくする「Tracklib」というサービスを紹介しました。

Tracklibの特長である

1. 作りたいビートに適したサンプル選びの行いやすさ

2. サンプリングの理想の形の想像しやすさ

3. 個人でサンプリングの許諾を取れる点

これらの特徴を活かすことで

サンプリングビートの制作に取り組みやすくなればなと思い取り上げさせて頂きました。

作ったビートは決して埋もれる事なく、より多くの人々に届けられるようにするためにも、TOPLEASEにアップロードしていただければと思います。

カテゴリー
ビート ラッパー

【後悔する前に見て】フリーのタイプビートばかり使うラッパーが受ける偏見【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

HIPHOPの流行と同時にタイプビートを使って楽曲制作をするラッパー/アーティストが増えてきているように思います。

そしてそのタイプビートを購入する費用がないという方は、フリーのタイプビートを活用している方も多いと思います。

正しい使い方をしている限りフリーのタイプビートを使うことは何も悪いことではありません。

しかし、一方ではフリーのタイプビートばかり使うラッパー/アーティストに対して心無い目で評価してくる人々も存在します。

今回はそのようなフリーのタイプビートばかり使うラッパーが受けがちな偏見について解説していきます。

この記事を読むことで、フリーのタイプビートばかり使うことで自分が受けかねないデメリットについて把握でき、長い目で見て正しい音楽活動を模索できるようになります。

そもそもタイプビートがどのようなものなのかという情報はこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

フリーのタイプビートばかり使うラッパーが受けがち偏見①

まず最初に挙げられる偏見としては「本気を感じない」というものがあります。

フリーのタイプビートでは基本的に商用利用はできないため、ラッパー/アーティストとして音楽活動をしていくという方にとっては使い勝手が良いものではありません。

そのためにフリーのタイプビートのみにこだわって利用しているラッパー/アーティストは、リスナーなどから本気でラッパー/アーティストとして活動していく意思がないのではないかという偏見を受ける場合があります。

実際にフリーで利用するタイプビートはラッパー/アーティストがきちんとした楽曲として利用するには制限がかなり多いのでおすすめはできません。

タイプビートの権利や制限に関してはこちらの記事でも解説していますので参考にしてみてください。

フリーのタイプビートばかり使うラッパーが受けがちな偏見②

2つ目にあげられる偏見は「期待できない」というものがあります。

先ほど紹介した、タイプビートをフリーで利用する際に受ける制限がラッパー/アーティストとしての活動の足枷になりかねないという話に関連しますが、フリーのタイプビートでは活動に幅がありません。

フリーのタイプビートを使っている限り、音楽配信サービスで配信できない上に、LIVEでの利用もできないためラッパー/アーティストにとっての活動で活かすことができません。

このような現状があるため、フリーのタイプビートばかり使っているラッパー/アーティストに対して期待できないという偏見を持つリスナーも多いようです。

ただ、実際に活躍しているラッパー/アーティストは皆自分でタイプビートを購入して楽曲としてリリースする方が多いのでそのような偏見を持たれる可能性は低くないのが現状です。

フリーのタイプビートばかり使うラッパーが受けがちな偏見③

最後に紹介する偏見は「大事にできない」というものです。

これまでの偏見は主にリスナーが抱えるものでしたら、今回の偏見はビートメーカーが抱えかねないものです。

ビートメーカーはビートを作るために、プラグインや機材費、音楽に関した学習など非常に多くのコストをかけてビートを制作しています。

そのため、常に自分のビートをフリーで利用しているラッパー/アーティストと、そうでない、毎回きちんと購入してくれるラッパー/アーティストでは受ける印象が違います。

また、構成変更などの細かいコミュニケーションにおいても、フリーで利用しているラッパー/アーティストよりきちんと購入しているラッパー/アーティストの方を優先したくなるのは当たり前でしょう。

このように些細な優先度に対して差が生まれてしまうという現状を、フリーでタイプビートを利用するという事ははらんでいます。

フリーのタイプビートを使わなくても済む方法

ここまで、フリーでばかりタイプビートを使うラッパー/アーティストが受けがちな偏見について解説してきました。

ただ、実際に多くのラッパー/アーティストがフリーでタイプビートを使う主な利用は、費用がかかるというものがあると思います。

ビート無くしてレコーディングは成立しませんし、コンスタントな楽曲制作にもビートは必要不可欠です。

しかしビートはかなり費用がかかるので好きなビートが見つかったからと言った理由でいくらでも購入できる様なものではありません。

ただ、そのような費用のせいで音楽活動に速度が出せなかったり、さまざまなデメリットを受けるのを防ぐ方法があったらどうしますか?

もし仮にシーンで活躍しているビートメーカーなどのビート「お得」「大量」に利用できるサービスがあったらどうでしょうか?

実は存在します。

それはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はタイプビートをフリーで使うことのデメリットについて解説しました。

まとめると、

  1. 本気を感じない
  2. 期待できない
  3. 大事にできない

これらがありました。

もちろん、すべてのビートメーカーがこのように思っているわけではありません。

しかし、ビートメーカーによってはこのように思いかねない人もいるのでせっかく音楽活動を続けて行くのであれば長い目で見て損をしないような選択をして行くことが大切です。

金銭的な問題でフリーのタイプビートを探しているという方は、普通に購入するよりも破格でビートが大量に使えるTOPLEASEを利用することをお勧めします。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。

カテゴリー
ビート ラッパー

【まだ間に合う】フリートラックのデメリット3選【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

ラッパー/アーティストにとって無料でビートが使えるのはありがたいですよね。

このように馴染みのあるフリートラックですが、実はフリートラックにもそれなりにデメリットがあります。

今回はフリートラックのデメリットについて解説していきます。

この記事を読むことで、普段何気なく利用していたフリートラックについてもう一度よく考える機会ができて今後の音楽活動についての方向性が見えてくるでしょう。

そもそもフリートラックとは一体何なのかという事はこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

フリートラックのデメリット①

まず最初に紹介するデメリットとしては「制限が多い」という点があります。

フリートラックは一般的には無料で利用できるのですが、大きな制約があります。

それは「商用利用は禁止」というものです。

商用利用とは、楽曲で商業を営む行為を指し、ストリーミング配信やLIVE(ライブ)活動などが該当します。

つまり、せっかく楽曲を作ってもそれらを配信したり、その曲を使ってライブ活動などをできないということになります。

商用利用を可能にするためには楽曲の権利を購入する必要があり、このように権利ごとにリース購入するという行為がフリートラック/タイプビートの文化を発展させてきた要因でもあります。

フリートラックなどの権利についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

フリートラックのデメリット②

次に紹介するデメリットは「音楽活動に拡がりが出ない」という点があります。

先ほど解説したように、フリートラックは「商用利用」をしない場合に限って無料で使えるものです。

そのため、無料だといってフリートラックをありがたがって制作したところで配信にもライブ活動にも利用できません。

つまり、あなたの音楽活動に拡張性が出ないのです。

音楽を自分1人で趣味のためにやっているのでしたら問題はないと思いますが、多くのラッパー/アーティストは自分の楽曲を制作してリスナーに聞いてもらったり、音楽だけで生計を立てていけるようになりたい、などと思っている方も多いはずです。

そのような状況でフリートラックに頼っていては、ラッパー/アーティストとして外の世界に自分という個性を打ち出していくことが困難になってしまいます。

また、フリートラックの利用では、ラッパー/アーティストにとって大きな影響となり得るビートメーカーとの出会いも減らしてしまいます。

ビートメーカーは、自分のビートを購入してくれたラッパー/アーティストと絡みます。

そのため、フリートラックをいくら使ってもこのようなビートメーカーとの出会いは少ないでしょう。

フリートラックのデメリット③

最後に紹介するデメリットは「偏見がある」という点です。

HIPHOPの流行によって、タイプビートやフリートラックという言葉と存在が一般のリスナーにもよく認識されるようになってきました。

しかし、いまだにフリートラックを使っているラッパー/アーティストはダサいなどといった偏見があるというのも事実です。

もちろん、フリートラックだけを使って音楽活動を行っているラッパー/アーティストはいませんが、ビートを購入する前の段階でフリートラックを使っているラッパー/アーティストは数多く存在していると思います。

ただ、いまだにそのような偏見を持つリスナーもいますし、実際にフリートラックを不正利用しているラッパー/アーティストも多いです。

ライブで利用してはいけないのに、こっそり利用していたり、配信したりコンテンツIDなどを登録してはいけないのに登録してビートメーカーや他のラッパー/アーティストに迷惑をかけていたりとフリートラックを取り巻くよくない活用例は数えるとキリがありません。

このような偏見に晒される可能性があるという点もフリートラックを使うことのデメリットとなり得るでしょう。

フリートラックのデメリットを避ける方法

ではこのようなデメリットをなくしてフリートラックと関わることはできないのでしょうか。

結論、しっかりとラッパー/アーティストとして活動していきたいのであればフリートラックでは限界があります。

つまりフリートラックではなく、リース購入なり独占購入なりビートの権利を購入する必要があるということです。

しかしとは言っても、現実問題ビートは費用がかかります。

ただ、そのような費用のせいで音楽活動に速度が出せなかったり、さまざまなデメリットを受けるのを防ぐ方法があったらどうしますか?

もし仮にシーンで活躍しているビートメーカーなどのビート「お得」「大量」に利用できるサービスがあったらどうでしょうか?

実は存在します。

それはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回は意外と見過ごされているフリートラックのデメリットについて解説しました。

まとめると、

  1. 制限が多い
  2. 音楽活動に拡がりが出ない
  3. 偏見がある

これらが挙げられました。

そして、このようなデメリットをなくして活動するためにもTOPLEASEの利用をお勧めしています。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。

カテゴリー
ビート ラッパー

【未経験でも楽勝】タイプビートを使った楽曲リリースの流れ【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

タイプビートは海外で流行り始めた文化ですが、日本においてもHIHOPの流行とともにラッパー/アーティストが、タイプビートを使って楽曲を制作するという機会が増えてきています。

今回はそんなタイプビートを使った楽曲リリースの流れについて解説していきます。

この記事を読むことで、ラッパー/アーティストとしてこれから活動をしていきたい、またはこれから楽曲をリリースしていくという方は、流れが簡単に理解できるようになるでしょう。

そもそもタイプビートとは一体何なのかということはこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

タイプビートを使った楽曲リリースの流れ①

まず最初にやるべきことは、当然「タイプビートの検索」です。

一般的に、多くのラッパー/アーティストはYouTubeやビート販売サイトを利用してお気に入りのタイプビートを探しています。

YouTube上で

「〇〇 type beat」

「〇〇 タイプビート」

などといった言葉で検索をかけます。

すると大量にタイプビートがヒットしますので、一つ一つ聞いていき、自分が作りたいと思うタイプビートを決めましょう。

基本的に、YouTubeのタイプビートはビート販売サイトへのリンクが貼ってありますので最終的にはビート販売サイトにて購入するケースが多いでしょう。

希にSNSなどで直接連絡をして購入するパターンもあります。

また、ビート販売サイトで直接検索しても良いでしょう。

ビート販売サイトは世界中のビートメーカー達のビートを視聴する事が可能ですので、YouTubeを利用していないというビートメーカーを発見することもできます。

ビート販売サイトは様々な種類があり、それぞれ使用感が若干違います。

また、基本的に英語での利用となるので自分に合ったサイト、方法でタイプビートを探していくことをお勧めします。

ビート販売サイトについてはこちらの記事でも解説していますので参考にしてみてください。

タイプビートを使った楽曲リリースの流れ②

次に「タイプビートの購入」について解説します。

お気に入りのタイプビートが見つかったら購入しましょう。

タイプビートには「フリー/FREE」といった表記がされているものがありますが、これらは非商用利用つまり楽曲をリリースしたり、ライブで利用しない場合のみ無料で使えるということです。

決してタダで配っているビートではないという点に注意が必要です。

タイプビートは、大きく分けて

「リース購入」

「独占購入」

があり、それぞれルールが若干変わってきます。

リース購入は、いわば制限付きの購入で、商用として利用できるものの、楽曲の再生回数が決まっていたり、第三者とビートが同じ楽曲がリリースされる可能性があったりとラッパー/アーティストにとって最適な条件とは言えないでしょう。

独占購入は、商用利用できるという点はもちろん、リリースした楽曲の再生回数に制限がなかったり、コンテンツIDに登録できたりするため第三者とのビート被りを防ぐ事ができます。

これらの大きな違いはビートの価格で、

リース購入は2000円~6000円と安く利用できる一方

独占購入は数万円以上とかなり費用がかかる購入方法です。

タイプビートの権利問題についてより具体的な解説はこちらの記事で行なっていますので参考にしてみてください。

タイプビートを使った楽曲リリースの流れ③

タイプビートを購入した後は、いよいよ「レコーディング」をします。

基本的には多くのラッパー/アーティストが、自分でマイクやその他機材を購入して自宅でレコーディングをする、いわば「宅レコ」が多いです。

宅レコに必要な機材について解説した記事がありますので、ぜひ目を通してみてください。

もちろん費用が許す限りスタジオを借りてしっかりした機材でレコーディングをする方がクオリティは担保されるでしょう。

こちらは、ラッパー/アーティスト本人の予算感との相談になります。

また、レコーディングでは、クオリティをMIXマスタリングでどうにかしようとする方が多くみられますが、そもそものレコーディングしたボーカルに注意を向けることが大切です。

レコーディング時のラップのコツについても解説した記事がありますので参考にしてみてください。

タイプビートを使った楽曲リリースの流れ④

レコーディングが終わったら次は「MIXマスタリング」が必要です。

MIXマスタリングをすることで、あなたのボーカルと楽曲のバランスを整え、ストリーミング配信した際に他の楽曲に劣らない音圧で聴く事ができるようになります。

このMIXマスタリングも自分でDAWのソフト使って処理する方もいれば、レコーディングスタジオのエンジニアにお願いをする場合もあります。

これらもラッパー/アーティストの予算感と相談するべきでしょう。

自分でボーカルMIXをする際の注意点や流れについてはこちらの記事を参考にしてください。

一方、最近ではAIを使ったMIXマスタリングの無料サービスを展開しているサイトも数多く存在するようです。

こちらの記事で、MIXマスタリングが無料でできてしますサイトを紹介していますので参考にしてみてください。

タイプビートを使った楽曲リリースの流れ⑤

MIXマスタリングが終わったら最後にするべきことは「配信登録」です。

レーベルや、音楽事務所に所属していないラッパー/アーティストのほとんどは楽曲配信代行サービス(ディストリビューター)を利用してApple Music やSpotify などに自身の楽曲を配信します。

現在多くの楽曲配信代行サービスが存在しています。

配信代行サービス料金収益還元率日本語対応
TuneCore
Japan
1,551円〜100%
BIG UP!無料〜70%〜(配信形態・プランによって異なる)
LANDR900円〜85%〜(プランによって異なる)
CD Baby$9.95〜91%
TOWER
CLOUD
無料TOWER CLOUD受領額 × 80%
Frekul無料60%
Ditto
Music
$19〜100%
MONSTER.FM3,300円〜75%
Amuse無料〜85%〜(プランによって異なる)
DistroKid$19.99〜100%

これら以外にも様々な音楽配信代行サービスは存在しており、それぞれ値段や収益還元率なども違いがあるため、よく調べて自分の活動スタイルに合う配信代行サービスを選ぶと良いでしょう。

タイプビートを使った楽曲リリースするなら

ここまでタイプビートを使った楽曲リリースまでの流れを解説してきました。

読んでくださった方ならお気づきになられたはずですが、ラッパー/アーティストの楽曲配信にはとてつもない費用がかかります。

多くのラッパー/アーティストがこの、「音楽に使う事ができる費用」の問題で夢を諦めてきたと感じます。

ラッパー/アーティストにとって必要不可欠なビートでさえも、かなり高価です。

ビート無くしてレコーディングは成立しませんし、コンスタントな楽曲制作にもビートは必要不可欠です。

しかしやはり費用がかかるので好きなビートが見つかったからと言った理由で、いくらでも購入できる様にはなりません。

ただ、そのような費用のせいで音楽活動に速度が出せなかったり、さまざまなデメリットを受けるのを防ぐ方法があったらどうしますか?

もし仮にシーンで活躍しているビートメーカーなどのビート「お得」「大量」に利用できるサービスがあったらどうでしょうか?

実は存在します。

それはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はタイプビートを使った楽曲リリースの流れについて解説しました。

まとめると、

  1. タイプビートの検索
  2. タイプビートの購入
  3. レコーディング
  4. MIXマスタリング
  5. 配信登録

これらの順番で行われることが一般的です。

そしてタイプビートを購入する際には、国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを、他のどのサイトよりもお得で大量に利用できるTOPLEASEを使うことをお勧めしています。

TOPLEASEはラッパー/アーティストを応援しています。

カテゴリー
ビート ラッパー

【2024年度完全版】タイプビートの買い方と注意点【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

ラッパー/アーティストにとって欠かせないタイプビート。

昨今のHIPHOPの流行と共に、タイプビートという存在がラッパー/アーティストに限らず一般のリスナー層にも知られるようになってきています。

今回はそんなタイプビートの買い方について解説していきます。

この記事を読むことで、タイプビートとは何なのか。

タイプビートの購入方法から注意点まで完璧に理解できるようになります。

タイプビートとは

タイプビートとは「〇〇っぽいビート」という意味です。

この〇〇にはラッパー/アーティスト名やジャンル、雰囲気などが入ります。

ここで勘違いして欲しくないことは、タイプビートをパクリだと認識している人がいまだにいますが、タイプビートはパクリではないという事です。

タイプビートとは、ビートメーカー達がGoogleなどの検索で引っかかりやすくする事を目的としたマーケティング色の強い呼び名です。

ラッパー/アーティストにとって、自分のイメージするビートを探しやすいようにラッパー/アーティストの名前を使っているだけであって、決してそのラッパー/アーティストのパクったという意味ではありません。

タイプビートについてはこちらの記事でも解説していますので参考にしてみてください。

タイプビートの買い方①

タイプビートの購入方法にはいろいろありますが、まず一般的なのは「YouTube」を使う方法でしょう。

YouTubeの検索で「〇〇 type beat」「〇〇タイプビート」などというワードを使い検索してみてください。

世界中のビートメーカーがアップロードしたタイプビートを探す事ができます。

気に入ったタイプビートがあれば、動画の概要欄やコメント欄からビートメーカーの連絡先を入手して交渉をする事ができます。

また、後ほど紹介する「ビート販売サイト」のリンクが表示されており、そちらで権利を購入するという流れも一般的です。

タイプビートの買い方②

それでは「ビート販売サイト」を使う方法を解説します。

タイプビートの市場はインターネットを利用して普及されたといっても過言ではありません。

多くのビート販売サイトが存在し、ビートメーカー達はそれらを活用して自身のビートを世界中のいろいろなラッパー/アーティストに販売してきました。

代表的なビート販売サイトは

BeatStars

Airbit

Traktrain

などがあります。

それぞれ若干の使用感に差こそあるものの、基本的なビートの購入方法は同じです。

ただ、英語表記ですのである程度英語が使えたりする方の方が安全に利用できると思います

タイプビートの買い方③

次に紹介するの「SoundCloud」を使った方法です。

ビートメーカー達は、YouTubeやビート販売サイトだけではなく、SoundCloudにも自身のタイプビートをアップロードしていることが多いです。

試しにSoundCloudにて「タイプビート」と検索してみると、

このように多くのタイプビートを見つける事ができます。

気に入ったビートが見つかったら、YouTubeで探したときと同じく、ビートメーカーにメッセージを送って交渉してください。

タイプビートの買い方④

4つ目に紹介するのは、「SNS」を使うという方法です。

YouTubeやビート販売サイト、SoundCloudに限らず、多くのビートメーカー達はSNSを使っており、そこに自身のビートなどをアップロードしています。

そのため、気に入ったビートを作るビートメーカーのSNSをフォローすることが良いでしょう。

先ほど紹介したビート販売サイトを利用しているビートメーカーである場合、時折クーポンなどを発行する時があります。

そのタイミングで、ビートを購入するとかなりお得に手に入れる事ができるでしょう。

また、ビート販売サイトではなく、SNSで直接購入したいという意思を伝えることで、ビート販売サイトの手数料分を除いた金額で購入できるかもしれません。

そして直接連絡をすることで、ビートメーカーからも自身の存在を認識してもらいやすくなりますので、今後のキャリアにおける大きなパートナーとなる可能性すらあります。

注意点

ここまでタイプビートの買い方を解説してきました。

ただし、タイプビートには大きな注意点があります。

「権利関係」「意思疎通」です。

権利関係についてですが、タイプビートは基本的に権利の一部を「リース」購入することが一般的です。

このリース購入がタイプビートを普及させた要因でもあります。

しかし、リース購入する場合には権利関係をきちんと理解した上で使用しないと、大きなトラブルを起こす可能性があります。

権利について最低限押さえておくべき内容は

  1. リース購入は著作権を譲渡したものではない
  2. 再生数など利用に基本的に制限がある
  3. コンテンツIDやJASRACなどへの登録は厳禁

これらを押さえておく必要があります。

そして、これらに付随して「意思疎通が取れる」という事が大切でしょう。

何かトラブルがあった際や、ビートに対しての質問など細かな意思疎通が制作には欠かせません。

ここで、意思疎通が取れないビートメーカーから購入してしまい、勝手に進めたり権利を無視した使用を繰り返すとのちに大きなトラブルになりかねません。

そのため、意思疎通が取れるビートメーカーからタイプビートを購入することが無難でしょう。

タイプビートの注意点に関してはこちらの記事でも解説していますので参考にしてみてください。

タイプビートの買い方⑤

タイプビートの買い方として最後に紹介するのは「TOPLEASE」を使う方法です。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはタイプビートやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート
  • ビートメーカーとの円滑なコミュニケーション

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

タイプビートを一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はタイプビートの買い方について全て解説しました。

まとめると、

  1. YouTube
  2. ビート販売サイト
  3. SoundCloud
  4. SNS
  5. TOPLEASE

以上が挙げられました。

そして注意点としては、

  1. 権利関係を明確にして使う
  2. 意思疎通が取れるビートメーカーから買う

以上が挙げられます。

そして、これらの注意点を解決した上で他のどのビート購入方法よりもお得に国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートが大量に使えるTOPLEASEをおすすめします。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。

カテゴリー
ビート ラッパー

【まだ間に合う】タイプビートの安全な買い方【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

今回は、タイプビートの安全な買い方について解説します。

この記事を読むことで、手軽ゆえにさまざまなトラブルが起こりがちなタイプビートについての理解が深まり、安全で快適な音楽活動を送ることができるようになるでしょう。

タイプビートについてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

タイプビートの安全な買い方①

一点目にあげられるのは「意思疎通が取れる相手から買う」と言うことです。

タイプビートは一般的に、YouTubeなどで検索されたのち、BeatStarsなどのビート販売サイトを経由して購入することが、一般的です。

しかし、それらのビート販売サイトは海外のものであり、利用しているビートメーカーにも多くの海外プロデューサーたちがいます。

そのため、いざ購入した後に構成の変更やその他の質問点に対して返答をもらうのに時間を要する可能性がかなり高いです。

それどころか、返信がもらえない場合もありえます。

ですので、スムーズは意思疎通をとって楽曲を制作していくためにも国内のビートメーカーと制作する方が無難でしょう。

ビート販売サイトに関してはこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

また、ビート販売サイトに限らず、SNSを経由してビートメーカーから直接ビートを購入すると言う方法もあります。

タイプビートを安全に買うと言う点ではSNSを使って、国内のビートメーカーと交渉する方がお勧めできます。

タイプビートの安全な買い方②

次に「権利を明確にして買う」必要があります。

タイプビートは、基本的にビートの権利をリースにするという発想からここまで発展してきました。

ただ、その文化とルールをしっかりと理解していないと大変なトラブルに巻き込まれかねません。

代表的なものとしては、「リース購入したからといって、自分のものになったと言うことではない」と言う例が挙げられます。

あくまで、再生回数などの制限を抱えた「リース」での購入だと言う点を忘れてはいけません。

もちろんYouTubeなどにアップロードして「コンテンツID」を登録するなどの行為も禁止です。

また、この権利関係もビートメーカーごとに違うことがあります。

そのため、先ほど紹介したようにきちんと意思疎通の取れるビートメーカーからしっかりと権利問題を確認した上で購入する必要があります。

タイプビートの権利問題についてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

タイプビートの安全な買い方

そして最後に紹介する方法は、これまでに挙げてきた2点を全てカバーできる方法となります。

それは「TOPLEASEを使う」と言うことです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

そして当然、サイト内でビートメーカーと意思疎通をとることも可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

タイプビートを一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はタイプビートの安全な買い方について解説しました。

まとめると、

  1. 意思疎通が取れる相手から買う
  2. 権利を明確にして買う
  3. TOPLEASEを使う

これらが挙げられました。

権利もわかりやすく、国内のサービスで、価格も抑えてビートを手に入れられるサービスはTOPLEASE以外ありません。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。

カテゴリー
ビート ラッパー

【誰も教えてくれない】HIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリット【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

ラッパー/アーティストの方なら一度は

「タイプビート」

「フリートラック」

などのキーワードで検索をしたことがあるでしょう。

今回はHIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリットについて解説していきます。

この記事を読むことで、自分の音楽活動がそもそもフリービートを使うべきなのかどうかが分かり、柔軟な判断ができるようになるでしょう。

「フリー/FREE」ビートについてはこちらの記事でも解説していますので、参考にしてみてください。

HIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリット①

まず最初に理解しておくべき点は「商用利用できない」ということです。

タイプビートやビートにおいて「フリー/FREE」と表記されているものは、音楽ストリーミングサービスなどで配信はできません。

また、Liveでの使用もできなかったりと、商用利用を前提に許可されたビートではないと言うことを忘れてはいけません。

自分でレコーディングしてみたり、収益が発生しないプラットフォームにアップする分には大丈夫だと思いますが、そのビートを使って商業活動をする際には、必ず購入する必要があります。

商用利用ができないと、自分の音楽を世の中にアピールする方補が限られてくるため、キャリアにおいても多くの時間を無駄にしか寝ません。

HIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリット②

次に理解しておくべきことは、「メールアドレスを聞かれたり、興味のないYouTubeチャンネルを登録させられる可能性がある」と言う点です。

そもそもタイプビートは、ビートメーカーがいかに自分のビートをラッパー/アーティストに聞いてもらえるかというSEOマーケティングの視点から利用されるようになった文化です。

そのため、「フリー/FREE」と言う表記ももちろんマーケティングの一環であり、全員ではありませんが、ビートメーカーたちはビートを無料で利用させてあげる代わりにあなたのメールアドレスを教えてもらったり、自身のYouTubeチャンネルに登録してもらおうとするでしょう。

もちろん、これはラッパー/アーティスト側からしても決してわいことではありません。

あなたはそのビートメーカーを気に入っているのであれば、新着のビートがアップロードされるたびに連絡が来ることでいち早くお気に入りのビートを聴けるかもしれません。

ただ、あなたが必要ないと思っている場合なら、なるべく「フリー/FREE」表記のあるビートは利用せず購入した方が良いでしょう。

HIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリット③

最後に理解するべきデメリットは「印象が悪くなる可能性がある」と言うことです。

これは、タイプビートそのものへの批判ではありません。

タイプビートやビートで「フリー/FREE」と表記されているものを悪用しているラッパー/アーティストが一定数いることに対しての批判です。

実際に、数多くのラッパー/アーティストにダウンロードされた「フリー/FREE」ビートであれば、ビートメーカー側からもすべてのラッパー/アーティストを把握することは難しいため、見落としている可能性があります。

そのようなビートメーカーの目を掻い潜って、不正利用するラッパー/アーティストがかなり多いです。

勝手にコンテンツIDに登録してYouTube上にアップロードしたり、ビートメーカー名を表記しない、こっそりライブで利用するなど、さまざまなケースがあります。

そして、これらの不正利用はいずれ必ずバレる仕組みになっています。

そのような仕組みも知らずに不正利用しているラッパー/アーティストが多いために、きちんとルールを守って利用しているラッパー/アーティストまで批判されるケースもあります。

このように、きちんとした規約の中で利用する分には問題ありませんが、一部のラッパー/アーティスのせいで同じ括りとして判断される可能性があると言う点は理解しておきましょう。

それを避けるためには一番安い権利でも良いのでビートを購入することをお勧めします。

HIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリットを避ける

ここまでHIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリットを解説してきました。

結局、「フリー/FREE」ビートを使いたくなる理由としては、ビートの購入に充てられる十分な予算がないと言うことがほとんでです。

確かにビートは費用が高いため、欲しいビートがあるからといってすべて購入するようなことが難しいです。

ただ、そのような費用のせいで音楽活動に速度が出せなかったり、さまざまなデメリットを受けるくらいなら購入した方が良いのではないか、と思いますよね。

では、もし仮にシーンで活躍しているビートメーカーなどのビート「お得」「大量」に利用できるサービスがあったらどうでしょうか。

実は存在します。

それはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はHIPHOPのビートにおける「フリー/FREE」に隠されたデメリットを解説しました。

まとめると、

  1. 商用利用できない
  2. メールアドレスや興味ないチャンネルを登録させられる
  3. 印象が悪くなる可能性がある

これらがあげられました。

そしてこのようなデメリットを回避するためにも、ビートは購入した方が良いのですが、それだと費用がかかるため難しいと言う方は、格安でシーンで活躍しているビートメーカーたちのビートが大量に使える、TOPLEASEの利用をお勧めしています。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。

カテゴリー
ラッパー

【一発逆転】ラップ初心者が商業的に売れるために意識するべき要素【HIPHOP】

こんにちはTOPLEASEです。

近年国内でHIPHOPの音楽イベントがどんどん増えているように、HIPHOPの地位の高まりと主にラッパー/アーティストを目指している方が増えてきています。

今回はラップ初心者が売れるために商業的に意識するべき要素を3つ解説します。

この記事を読むことで、初心者ラッパー/アーティストであっても、活動において優先的に解決していくべき課題がわかるようになるでしょう。

ラップ初心者が商業的に売れるために意識するべき要素①

まず最初に意識するべき要素は「大衆ウケの理解」です。

流行の軟派な楽曲なんて作りたくない。

自分がしたい音楽しかしたくない。

こう思っているラッパー/アーティストたちはたくさんいるでしょう。

それでももちろん大丈夫です。

売れるかどうか分かりませんが。。。

売れないからといって、リスナーの質が悪いなど文句を言わないで活動を続けていける器があるのでしたら自分の好きな楽曲だけ作っていってください。

そうでない場合、自分は音楽で生計を立てれるようになるんだ。と思っている方は「大衆ウケ」にしっかりと向き合う必要があります。

ラッパー/アーティストとして売れるということは、あなたの楽曲の世界観、価値観に多くの人が共感しているということです。

多くのリスナーがあなたに共感するには、一般大衆が思ってそうな事や、好きそうな楽曲である必要があります。

では、自分の個性や好きな音楽は打ち消して大衆にだけ迎合すれば良いのでしょうか。

それは違います。

あなたの個性とあなたのやりたい音楽の世界観、ジャンルを大切にしながら、「大衆ウケ」に合わせるという中間地点をうまく探していく努力が必要になります。

ここができない、サボっているラッパー/アーティストは、音楽に対する楽しみがなくなったり、売れないのは時代に合わなかった。などと文句ばかり言うようになってしまいます。

ラップ初心者が商業的に売れるために意識するべき要素②

次にラップ初心者が売れるために意識するべき要素は、「ライブのクオリティ」です。

ラッパー/アーティストであるからには、ライブが欠かせません。

あなたのファンやリスナーの多くは、あなたと直接会いたい、声を聞きたいと思っているでしょう。

そこであなたのライブが下手くそだった場合と、上手だった場合ではどちらがよりファンやリスナーの心を掴めるでしょうか。

観客を煽ったり、時にはアクシデントに余裕を持って対応できるというあなたの振る舞いが、あなたの人気と大きく関係してきます。

売れていないラッパー/アーティストであっても、小さな箱で盛り上がるライブをしている人は、いずれ人伝に噂が広まり多くの新しいファンを獲得できるでしょう。

ラップ初心者が商業的に売れるために意識するべき要素③

そして最後に紹介するラップ初心者が売れるために意識するべき要素は「制作のペース」です。

これまで紹介した

「大衆ウケ」

「ライブのクオリティ」

をいくら意識したとして、制作が遅いとすべての意味が薄れます。

とんでもない才能を持ったすでに売れることが確定しているようなラッパー/アーティストでない限りコンスタントは楽曲制作は欠かせません。

一生同じ曲を使ってライブ活動などを行なっていくのでしょうか。

楽曲数が多ければ多いほど、ファンやリスナーはあなたの楽曲を聴く回数が増えますし、何度もライブに聴きに来るようになるでしょう。

楽曲数はあなたの音楽キャリアにおける財産です。

その財産をコンスタントに増やしていく必要があります。

ラップ初心者が商業的に売れるために使うべきサービス

ここまで、ラップ初心者が売れるために意識するべき要素を解説してきましたが、ここで大きな障壁が存在します。

それはそもそもビートなど楽曲制作に充てる費用がバカにならないと言うことです。

ラップ初心者が売れるために意識するべき要素を知ったところで、費用が足りない限り制作ペースをあげることはできません。

この音楽活動に充てる費用の問題が多くのラッパー/アーティストたちの夢を邪魔してきたと思います。

しかし、もし国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーたちのビートが格安で大量に使えるサービスがあったとしたらどうしますか?

実は存在するのです。

それはTOPLEASEです。

TOPLEASEは、国内初ビートのサブスクリプションサービスです。

なんと利用しているラッパー/アーティストの半年以上の継続率が驚異の95%を誇ります。

Home

皆さんはtype beatやビートを自由に好きなだけ購入できていますか?

自分の欲しいビートを好きなだけ手に入れて、自分のペースでどんどん楽曲を配信したくないでしょうか。

TOPLEASEでは国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できます。

また、全てのビートが商用利用可能です。

このストリーミング配信全盛期の時代、アーティストはますます曲の制作とペースを早めていきます。

少しでも自分のお金と時間で活動に制限がかかっているならそれはピンチかもしれません。

何より、あなたが他のアーティスト達に埋もれてしまう可能性が大いにあるという事です。

ですのでこのような最悪の事態を未然に防ぐためには、いつでも自分の好きなだけビートを手に入れられ、活動できる環境を作っておく必要があるのです。

TOPLEASEでは毎月最大一曲299円で自由にビートを利用する事ができます。

これ以外にも

  • 独占購入が無料で可能(原盤権の譲渡ではない)
  • ボーカルMIX&マスタリング、衣装レンタルが割引で利用可能
  • 毎月一曲楽曲配信費用をサポート

などと音楽活動に革命を起こすサービスとなっています。

type beat を一曲ごとに購入して制作することも当然良いですが、一番お得な形で自分の理想の音楽活動を実現できるTOPLEASEを利用することも視野に入れてみるといいと思います。

TOPLEASE公式LINE追加後に簡単なアンケート回答で

豪華7大プレゼント!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式LINEに登録して無料プレゼントをGET

  • 無料ビート5曲(毎月プレゼント)
  • アーティストとしての戦略論
  • アーティスト向けオススメ機材15戦
  • ストリーミング攻略論
  • 楽曲再生数を増やす方法10戦
  • プレスリリース書き方
  • ファン獲得戦略5戦

公式LINE追加でこれらを全て受け取る事ができます。

TOPLEASEの具体的な利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はラップ初心者が商業的に売れるために意識するべき要素を解説してきました。

まとめると、

  1. 大衆ウケの理解
  2. ライブのクオリティ
  3. 制作のペース

以上があげられます。

そして多くのラッパー/アーティストが困難に打ち当たるビートにかかる費用ですが、TOPLEASEを利用することで国内外問わずシーンで活躍しているビートメーカーのビートを大量に利用できるのでお勧めしています。

TOPLEASEはラッパー/アーティストの活動を応援しています。